アルマトランでの姿はかつてソロモンに仕え、3人のマギのうちの1人だったアルバ。 イル・イラーを「我らが父」と崇め、涙を流す様子はアルマトランでもアラジンたちの住む今の世界でも変わっていない。 しかし、25巻で堕転しベリアルの力を手に入れた白龍とジュダルに急襲される。

人物

練白龍、練白瑛の実母。 白 龍 曰く、煌帝国を操るために夫の練白徳、息子の白雄、白蓮を暗殺し、愚鈍な皇帝・練紅徳に寝返ったアル・サーメンの魔女。後にアルマトランのマギ(アルバ)であることが

練玉艶として活動し(練玉艶での活動の詳細は練玉艶を参照)、玉艶が死んだ後は白 瑛に憑依する。 白 瑛の体に憑依した後シンドバッドに近づいたが、ダビデと融合しつつあった彼に屈伏し、アラジンのソロモンの知恵を狙う。

マギ 練玉艶について 練玉艶は始め、アルマトラン編の最初にシバに似たマギだと思っていました。しかし、アルバが黒いジンを作っていたのでアルサーメンのリーダー練玉艶の正体が分からなくなってしまいました。アルマ

Read: 10012

玉艶さんの体を奪い取ったアルバのせい。 白龍は本当の玉艶さんを殺しちゃった。マジ玉艶さんかわいそう。アルバまぢ美人なんでですけど アルバ殺した白龍キライ 絶対に許せない玉艶かわいそす